Webライターに必要なスキル16選!レベルアップする3つの方法も解説

※アフィリエイト広告を利用しています

「Webライターに興味があるけれど、どんなスキルが必要なの?」
「スキルアップしてWebライターとして収入をアップさせたい!」
「あわよくば独立を目指している」

時間や場所に縛られないで仕事ができるWebライターにチャレンジしたいと考えていても、自分にできるのか不安を感じますよね。

また、これからどんどんスキルアップして単価を上げていきたい方もいるでしょう。

僕もWebライターを始めたときは、スキルがなく収入も安定していませんでした。

だいと
だいと

しかし、日々勉強をして今ではライターを束ねるディレクターとして安定した収入を得ています!

この記事では、現役ディレクターである僕がWebライターに必要な16個のスキルを詳しく解説します。

「Webライターにチャレンジしたい」「単価をもっと上げたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Webライターは必要なスキルを身に付ければ誰でも稼げる

Webライターを始めるのに特別な資格やスキルは必要ありません。スキルさえあれば、誰であっても始められますし正社員より大きく稼ぐことも可能です。

だいと
だいと

実際僕は大学生ですが、Webライターとして毎月50万円ほど稼いでいます!

とはいえ、これだけの額を稼ぐためには、生半可な気持ちや中途半端なスキルを持っているだけでは不十分です。

この記事で紹介する16個のスキルを持っていれば、副収入にとどまらず、独立して時間や場所に縛られない自由な働き方を実現できるでしょう。

【最低限】Webライターに必要なスキル7選

1. 基礎的なパソコン操作

Webライターは読者の悩みを調べたり、整理したりして文章にしていきます。スマホでも記事は書けますが、効率よく作業をするにはパソコンがおすすめです

そのため、パソコンの基礎ができないと、クライアントとのやり取りに支障が出てしまい仕事として成り立たなくなります。

基礎的なメールのやり取りやデータの保存方法などの知識は知っておくべきです。もしわからなくてもそこまで難しい内容ではないので、調べながら実践してみてください。

だいと
だいと

僕も大学生なのでパソコンの知識は皆無でしたが、仕事をこなしていくうちにだんだん覚えてきました!

2. わかりやすい日本語能力

Webライターは読者の悩みを解決するために記事を書くので、専門用語を使ったりわかりにくい日本語を使ったりすると、クライアントから仕事を依頼されなくなります。

小学生でもわかるように、理解しやすい言葉を使って文章を書くようにしましょう。

だいと
だいと

そのためには、伝えたい内容を他人に説明できるくらいの予備知識を持ち、自分自身が理解しておかないといけません!

ときには本を読んだり無料体験を受講したりして、人に説明できるくらいの知見を手に入れましょう。

3. 情報収集と整理

Webライターは読者が抱えている悩みをリサーチし、集めた情報を整理して記事にする仕事です。

どの情報が読者に必要で、どれが不要なのか取捨選択していかなくてはなりません。

だいと
だいと

いらない情報を羅列されても、ユーザーの満足度は向上せず、結果として読みにくい記事だと判断されてしまいます!

そのため、読者が抱えている悩みを明確にして、それに対して解決できるようにリサーチ・執筆していく必要があります。

4. 悩みの想像力

ユーザーが抱えている悩みを理解できれば、満足度の高い記事を作成できます。

たとえば「プログラミングスクール おすすめ」というkwを見ても、

  • 主婦
  • 大学生
  • サラリーマン

によって、必要な情報は異なります。

読者の悩みを想像する方法

  • 読者はどんな環境にいるのか
  • どんな気持ちで悩んでいるのか
  • どれくらい悩んでいるのか

具体的にこのような想像ができれば、読者に共感する文章を作っていけます。想像を具体化して言葉にすることで「この記事は私のための記事だ」と思ってくれるでしょう。

だいと
だいと

なお、自分の考えを押し付けるような記事を書かないように注意が必要です!

5. コミュニケーション能力

Webライターは人と話す機会が少ない仕事ですが、コミュニケーション能力が不可欠です。

クライアントやディレクターと頻繁にチャットで会話をするため「やり取りしにくいと」「連絡が遅い」と思われると、契約を終了させられる可能性があります。

だいと
だいと

クライアントやディレクターによっては、スキルは後から伸ばせるのでコミュニケーション能力が高いライターを好む場合もあります!

Webライターの仕事は、クライアントありきです。自分一人で仕事をやっているわけではありません。

顔が見えないオフラインでの連絡が多いからこそ、テキストコミュニケーションを大切にしましょう。

6. 一般常識

近年のネット業界は個人で稼ぐ働き方をしている人が増えたことで、一般常識を持たない人が目立っています。

Webライターの非常識な行動

  • 突然連絡が取れなくなる
  • コピペ記事を平気で納品する
  • 連絡をせず納期を守らない
だいと
だいと

Webライターの人口自体は少ないとは言い切れずライバルも多いですが、一般常識があるだけで他者との差別化につながります!

信頼をコツコツ貯めていきましょう。

7. 継続できる忍耐力

Webライターが一人前になるまでは時間がかかってしまうため、稼ぐまで忍耐力が必要になります。

だいと
だいと

実際僕も、Webライターを始めた当初は1万円ほどしか稼げませんでした。

簡単に稼げると言われていますが、実際は着実にスキルを身に付けないと単価を上げるのが困難な仕事なのです。

しかし、SNSを見ると初心者ライターで「10万円を稼いだ」「文字単価2.0円で仕事もらえた」などのツイートを見かけることもあります。

彼らと比較するのではなく過去の自分と今の自分を比べ、どれだけ成長しているか認識できれば、挫折することなく継続できるでしょう。

【月5万円稼ぐ】Webライターに必要なスキル5選

1. 相手目線の思考

飽和傾向にあるWebライター業界で、相手目線に立って物事を考えることは非常に重要です。

とくにフリーランスはいつ契約を切られてもおかしくないので「この人は信頼できる」と思ってもらう必要があります。

だいと
だいと

たとえば、同じチームのWebライターがミスをした場合、自分は絶対に同じ失敗をしないように心がけましょう。

クライアントやディレクターからすると、別の人であっても同じミスを繰り返されると疲弊します。そこで、あなたが完璧に業務をこなすと信頼が溜まっていくのです。

一番やってはいけない提案文は、提案内容が自分ごとで書かれている文章です。

相手目線に立って考えると大抵のことはうまくいくので、今日からでも意識してみてください。

2. WordPress操作

クライアントへ記事を提出する主な方法は、GoogleドキュメントまたはWordです。

しかし、記事を提出された後はWordPress入稿する作業があるので、これをWebライターが巻き取れると単価アップの見込みがあります。

WordPressとはCMS(コンテンツマネジメントシステム)の一種であり、記事をアップロードするシステムです。執筆した文章をWordPressに挿入して公開すれば、全世界の人に記事を見られるようになります。

だいと
だいと

WordPressの使い方を理解するには、自分でブログを解説するのがおすすめです!

操作自体はそこまで難しくないので、使えるようになって損はありません。

詳細は「【最短10分】WordPressブログの始め方10ステップ!作業を効率化する初期設定も解説」で解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【最短10分】WordPressブログの始め方10ステップ!作業を効率化する初期設定も解説

続きを見る

3. 基本的なSEO知識

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のことです。

Webライターは読者の悩みを解決するために記事を書きますが、誰にも見てもらえないと時間と労力の無駄になってしまいます。

そこで、SEO対策をとりGoogleからの評価を高めて、検索結果で上位を目指していきます。結果として、検索したユーザーの目にとまり、多くの人に記事を読んでもらえるのです。

だいと
だいと

クライアントの記事を上位表示させるため、WebライターにもSEO知識が必須といえるでしょう。

4. スケジュール管理

クライアントは、記事を公開するまでのスケジュールを設定しています。Webライターはクライアントの期日までに、任せられている記事の納品をしなければなりません。

副業でWebライターをしている場合、本業のスケジュール管理と並行してクライアントに記事を納品するスケジュール管理スキルが求められます。

スケジュール通りに記事を納品できない場合、次回からの継続案件を任せてもらえなくなるかもしれません。

だいと
だいと

仕事の受注を左右するほど、スケジュール管理はWebライターとして生きていくうえで重要なことです。

しかし、体調不良や家族のことなどでスケジュール通りにいかないこともあるでしょう。

その場合は、早い段階でディレクターやクライアントへ相談すれば、調整してくれることが多いです。悩んだら放置せず、報告・連絡・相談を心がけましょう。

5. マニュアルを遵守する力

クライアントごとにマニュアルが用意されているので、記事を書くときや提出前に数回確認して尊守しましょう

マニュアルは、メディアを作るための最低限のルールです。誰が書いても記事に統一感を持たせたり、提出する方法を統一したりするためのものです。

たとえば、マニュアルには以下のような内容があります。

よくあるマニュアルの一部

  • リサーチした内容
  • 執筆方法の統一
  • 進捗管理表への入力
  • 請求方法

これらをしっかり尊守していくのも、Webライターの大事な仕事です。

だいと
だいと

マニュアルを守れなければ、ディレクターやクライアントに迷惑がかかり、継続案件につながりにくくなるので気を付けましょう。

【月50万円を目指せる】Webライターに必要なスキル4選

1. ジャンルの専門知識

あなたが得意と言えるジャンルを見つけられれば、他のWebライターに差を付けられ、50万円も目指せるようになります

誰にでも書けるジャンルや記事を任されていても、収入アップを狙うのは難しいでしょう。

Webライターは飽和状態のため誰でも書ける内容なら、あなたにお願いしなくても記事は完成します。最悪の場合、AIに仕事を奪われてしまうかもしれません

だいと
だいと

しかし、たとえば金融に特化して深い知見を持っていれば「あなたに依頼したい」と思ってもらえます!

2. ディレクション

Web記事ができるまでには、いくつかの工程があります。Webライターより上流階層のディレクターのポジションになれば、単価を上げられるでしょう

ディレクターは、Webライターを束ねて管理するポジションです。Webライターが作成した記事を編集したり、クライアントとやり取りを行ったりします。

ライティングに比べると1本あたりの単価は低いですが、執筆する必要がない分時給は上がりやすい傾向にあります。

だいと
だいと

実際、僕もディレクターになってから時給が1,000円ほどアップしました!

ただ、全員がディレクターに適性があるとは限りません。自分のペースで仕事をしたい方は、Webライターとして突き詰めたほうが良いでしょう。

3. セールスライティング

セールスライティングとは、クライアントのサービスや商品購入を促し、売上に直接関わるライティングです。販売を目的としており、SEOライティングとはまた違ったスキルです。

以下はセールスライティングが求められるコンテンツの一部です。

一例

  • ダイレクトメール
  • メールマガジン
  • 公式LINE
  • ランディングページ
  • ブログアフィリエイト
  • ECサイト
だいと
だいと

セールスライティングに背中を押してもらい、商品を購入した経験がある方も多いはずです!

商品の売上に直接貢献できるため、クライアントも高単価で仕事を依頼してくれます。

4. マーケティング

だいと
だいと

Webマーケティングとは、Webを使ってクライアントの商品やサービスが売れる仕組みを作る仕事です!

Webライターがマーケティング思考を持っていると、マネタイズや順位向上の施策も提案できるため、単価アップにつながります。

先述したディレクターと違って誰かを管理する仕事でもないので、自分のペースで作業できるのも魅力のひとつです。

Webライターに必要なスキルを習得する3つの方法

1. 書籍を読む

書籍はインターネットやYouTubeに比べて、出版社が絡んでいるため濃い内容を学べます。書籍は出版社のチェックが入ったり、権威性があったりする方が書いていることが多いからです

Webライティングに関する書籍3冊ほど読むことで、必要なスキルを学べるでしょう。

なお、学びを自分のスキルとして手に入れるには、書籍でインプットしたことをWordPressブログや仕事でアウトプットしていくと効率的です。

だいと
だいと

これらを繰り返すことで、少しずつ必要なスキルが身についていきます!

2. WordPressブログを運営する

スキルを習得するためには、インプットしたことをアウトプットしていくことが重要です。

そこでおすすめなのが、WordPressを使ってブログを開設することです。

ブログを開設すれば本やYouTubeで学んだことをアウトプットする場として利用できますし、採用担当者に自分の実力を証明できます。

また、多くの案件で記事を執筆した後はWordPressに文章を挿入する作業が発生します。

だいと
だいと

ここをWebライターが巻き取れると巻き取れないのとでは、単価に大きな差が出てくるでしょう!

なお、WordPressブログの開設方法は関連記事「【最短10分】WordPressブログの始め方10ステップ!作業を効率化する初期設定も解説」で紹介しています。これからWebライターとして稼いでいきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【最短10分】WordPressブログの始め方10ステップ!作業を効率化する初期設定も解説

続きを見る

3. 優良なスクールに入る

一人で始めるのが不安だったり勇気が出なかったりする場合は、同じ志を持っている方たちが集まるスクールに身を置きましょう

スクールでは実績あるプロが、始め方やライティング、営業方法など稼ぐために必要なことを教えてくれます。費用はかかりますが、効率よくスキルを習得できるのですぐにかけたコストは回収できるでしょう。

とはいえ、どのようなスクールに入ればいいのか迷っている方もいるでしょう。

「ライティングスキルを上げたい」「これから本気で稼ぎたい」と考えている方は、プロの添削が付いているWriting Hacksがおすすめです。

Writing Hacksは、ライティングスキルを身に付け高単価の仕事が取れるWebライターを育成するスクールです。動画114本と無制限サポートが付いています。

だいと
だいと

Writing Hacksを卒業した多くのWebライターが活躍の幅を広げています!僕も卒業生であり、今では毎月50万円ほど稼げるWebライターになれました!

詳しく知りたい方は、ぜひ公式ホームーページをチェックしてみてください。

\稼げるWebライターを目指す!/

Writing Hacksを見てみる

なお、Writing Hacksの詳細は関連記事「【受講者が暴露】Writing Hacksの評判・口コミ7選【5万円稼ぐロードマップ付き】」で解説しています。ぜひこちらも参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【受講者が暴露】Writing Hacksの評判・口コミ7選【5万円稼ぐロードマップ付き】

続きを見る

最短最速でWebライターで稼ぐスキルを網羅的に学べる『Writing Hacks』

Writing Hacksは、Webライターとして稼いでいきたい方に向けて作られたライティング教材です。

Writing Hacksの特徴

  • 合計114本の動画と無制限の質問サポート
  • プロのディレクターから3回の記事添削
  • 優秀な方は編集プロダクション「沖プロ」から仕事を受注可能

講師はブロガーとして数千万円以上を稼いできた沖ケイタさんに加え、ディレクターとして月100万円以上稼いでいる原千明さんやワカジツさんがおり、基礎から案件獲得方法までのスキルを習得できます。

「これからWebライターとしてスタートを切りたい」「月10万円以上稼いでいきたい」と考えている方は、ぜひ受講を検討してみてください!

\稼げるWebライターを目指す!/

Writing Hacksを見てみる

  • この記事を書いた人

運営者

「ライティング未経験でもできる」Webライターで月10万円稼ぐ方法を発信|就職したくない⇒プログラミングに挑戦するも挫折⇒時給300円Webライター⇒最高月収78万円フリーランスWebディレクター|上場企業のメディアでディレクションを担当|Webライター向けのメディア『DaitoBlog』を運営|フリーランス大学生

-Webライティング