Webライターの独学勉強方法7選!半年で月収20万円超えの僕が激推し

Webライターは記事を納品して報酬をもらう仕事であり、質の高い文章を書くには勉強が欠かせません。

案件を受注する前はもちろん、ある程度仕事に慣れてきてからも、継続的に勉強することが大切です。

向上心がなければ文字単価も1〜2円で停滞し時給単価が高まりませんが、スキルの習得に努めれば文字単価3〜4円を1年以内に十分実現できます。

この記事では、Webライターとして半年で月収20万円を達成した僕が、おすすめの勉強方法を紹介します!

この記事の内容
  • 身につけたいスキル
  • 勉強方法
  • 勉強を継続するコツ

スキルアップしていきたい方に役立つ内容なので、ぜひ最後までご覧ください。

執筆者情報
Withマーケ「高単価ライター養成コース」
高単価ライター養成コースのHP

Withマーケ「高単価ライター養成コース」では、未経験から3ヶ月で月収5万円の高単価ライターを目指せます。

高単価ライター養成コースの特徴

  • 案件保証があり実力をつけながら稼げる
  • 稼ぐためのロードマップがある
  • 60本以上の動画を永久見放題
  • プロによる4記事の添削を受けられる
  • 案件獲得をサポートしてもらえる など

受講者のなかには、2ヶ月半で月収8万円を達成した方や、月収15万円を超えた方もいます。

いまも現場で活躍するプロから徹底したサポートを受けられるため、最短最速で稼げるようになるでしょう。

公式LINE追加後に「無料個別相談」を受けられるため、疑問に感じていることを気軽に質問できます。

まずはお気軽に相談してみてください!

【夏トクキャンペーン】
7/31まで受講料が15,000円OFF

\ LINE追加で無料個別相談実施中! /

目次

Webライターの勉強で身につけたい5つのスキル

  • わかりやすい文章力
  • SEOの基礎知識
  • リサーチ力
  • WordPressの基本的な操作
  • 仕事獲得

1. わかりやすい文章力

Webライターの基本はライティングであり、わかりにくい文章だとユーザーへ価値を提供できずクライアントを満足させられません

たとえば金融系は難しい用語が多く、知識のない方が読むと混乱してしまうでしょう!

難しいジャンルの単語であっても、ユーザーがわかりやすいように噛み砕いて説明できる文章力が求められます。

2. SEOの基礎知識

SEOとは、執筆した記事を検索上位に上げるための施策です。クライアントの目的はメディアの利益を上げることであり、SEOは施策のひとつといえます。

ライティングだけできるWebライターとSEOの基礎知識があるWebライターがいれば、後者のほうが貴重であり単価も上がりやすいです。

また、SEOの知識があるとディレクターやSEO担当など、上位レイヤーに上がりやすいのも特徴です!

なお、SEOはインプットするだけでなく、アウトプットすることで知識が定着します。本やWebサイトなどで勉強したあとは、ブログを開設し学んだ内容を実践しましょう。

SEOについて学ぶなら、僕も受講したWithマーケの「SEOマーケター即戦力コース」がおすすめです。3ヶ月の個別指導と実務を通じて、実案件で活躍できるレベルまでSEOの知識を高められます。

記事の添削や仕事の取り方などWebライターに通ずる部分も多くありますし、より単価の高いディレクターやSEOマーケターにもなれます!

Withマーケ「SEOマーケター即戦力コース」
料金60万円
(税込66万円)
目指せる働き方・フリーランスSEOコンサルタント
・Webマーケターとしての転職
担当講師現役のSEOコンサルタント
サポート期間6ヶ月
(アフターサポートあり)
個別対応あり

SEOマーケター即戦力コースの特徴

  • 3ヶ月でSEOコンサルタントを目指せる
  • 実案件で実践を積める
  • 完全個別の案件獲得サポートがある
  • 高単価案件に必要なスキルを学べる
  • アフターサポートもある など

【夏トクキャンペーン】
7/31まで受講料が60,000円OFF

\ LINE追加で無料個別相談実施中! /

3. リサーチ力

記事を書くためには情報が必要です。しかし、Web上のすべての情報が正しいとは限らず、誤った知識で記事を書く恐れがあります。

そのため、リサーチでは必要な情報だけを厳選する力が求められます。

リサーチで選ぶべき情報
  • 信ぴょう性の高いサイトが発する情報
  • 読者の検索意図にあった情報
  • 一次情報(体験談やアンケート)

上位記事だけではなく、専門誌やYouTubeなどさまざまな媒体を使ってリサーチするのがおすすめです。

また、読者の思考を常に考えることで、的外れな情報を盛り込むことがなくなります。

執筆前のリサーチが記事の品質を決めるといっても過言ではないため、スキル向上を目指しましょう!

詳しいリサーチ方法は「Webライターのリサーチ方法・コツと短縮する裏技」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

4. WordPressの基本的な操作

WordPressとはコンテンツ管理システムのひとつで、執筆した記事をアップする先のことを指します。

Webライターは記事を執筆するのが主な仕事ですが、文章を書き終わったらWordPressへの入稿作業を任されるケースもあります。

WordPressを操作できなければ、文字単価も1〜1.2円で停滞しなかなか2円が見えなくなるため、問題なく入稿できるようになっておきましょう。

最初は難しく感じるかもしれませんが、いまはWeb上に情報が網羅されているため、調べながら実践すればそこまで時間はかかりません。

まずは自分でWordPressブログを開設し、実際に入稿作業を行ってみることをおすすめします!

ブログの開設はXserverのクイックスタートを使えば10分で完了するので、以下の記事を参考にしながら進めてみてください!開設後は、5記事ほど記事を執筆し、ポートフォリオにするのも有効です。

\ 最短10分で開設完了!/

8/6(火)17時まで最大35%OFFキャンペーン

5. 仕事獲得

Webライターの勉強といえば文章力の向上に目が行きがちですが、仕事獲得のスキルも欠かせません。仕事を取ってこられなければ、いくら文章力が高くても収入が増えないためです。

実際、文章力が高くて営業力が低い人と、文章力は低いが営業力が高い人を比較すると、後者のほうが収入は多い傾向です!

しかし、仕事獲得を独学で学ぶのは難しいため、信頼できる講座・スクールを活用し、現場で活躍するプロに相談しながら進めることをおすすめします。

Withマーケ「高単価Webライター養成コース」では、未経験から3ヶ月で高単価ライターになる方法を学べます。

プロの記事添削や案件獲得保証、無制限の動画閲覧もあり、稼げるWebライターになる方法を網羅的に学習可能です。

「無料個別相談」にて受講の流れや仕事の取り方などあらゆる質問に回答してくれるので、ぜひ一度公式サイトを確認してみてください!

Withマーケ「高単価ライター養成コース」
高単価ライター養成コースのHP
料金199,800円
(税込219,780円)
質問期間1年間
(回数無制限)
個別対応あり

高単価ライター養成コースの特徴

  • 案件保証があり実力をつけながら稼げる
  • 稼ぐためのロードマップがある
  • 60本以上の動画を永久見放題
  • プロによる4記事の添削を受けられる
  • 案件獲得をサポートしてもらえる など

【夏トクキャンペーン】
7/31まで受講料が15,000円OFF

\ LINE追加で無料個別相談実施中! /

【独学】Webライターの勉強方法7選

  • Webサイトを読む
  • YouTubeを視聴する
  • SNSで情報収集する
  • 本を読む
  • 音読する
  • 写経する
  • ブログを執筆する

1. Webサイトを読む

WebライティングやSEO関連の情報を発信しているWebサイトを読み、知識を高めていく方法です。

Webサイトによって発信している情報や体裁などが異なるので、勉強しやすいサイトを選ぶとよいでしょう。

僕は駆け出しWebライターのとき、バズ部というSEO関連の情報を発信しているWebサイトを隙間時間に見ていました!

無料で空いた時間にできる有効な勉強方法なので、ぜひ実践してみてください。

2. YouTubeを視聴する

文字を読むのが苦手な方におすすめなのが、YouTubeを視聴する勉強方法です。

動画なのでスーッと頭に入ってきますし、倍速にしながら視聴できるため、時間を効率的に活用できます。

また、通勤時間や家事の合間など、耳で音声を聞きながらの勉強もできるため、忙しく学習に充てる時間がない方には有効な手段でしょう。

3. SNSで情報収集する

SNSには有益なノウハウを発信しているWebライター関連の情報発信者がいるため、その人たちを参考にするのもひとつの勉強です。

Instagramであれば画像メインなので視覚的にわかりやすいですし、X(旧Twitter)だと文章メインで気軽に読み返せます!

しかし、情報発信者が発する内容はあくまで主観なので、本当に正しいかどうかはわかりません。

参考にする場合は、本当に信頼のおける人なのか確認するようにしましょう。

4. 本を読む

本を読むと、基礎的な文章の書き方やSEOの知識を学べます。Webライターを目指すなら、仕事を受ける前に数冊、文章力を高める本を読んでおくのがおすすめです。

おすすめの本
  • 新しい文章力の教科書
  • 沈黙のWebライティング
  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義

苦手な分野がわかってきたら、その分野に特化した本を1冊読むだけで知識を習得できます。1,000〜2,000円程度で済むのでコスパがいい勉強法です!

5. 音読する

読みやすい文章は、音読していて違和感がありません。

音読は文章力の高い人の記事を読むだけですが、言い回しや語彙力が増していくメリットがあります。

1日1記事音読すると、文章力が格段に向上するでしょう!

僕も毎日2〜3記事音読を繰り返し、ライティングスキルを爆上げしてきました。結果として、Webライターを始めて半年後には月収20万円を達成できたのです。

6. 写経する

写経といってもお経を唱えるのではなく、文章を書き写すことです。

音読に近いところはありますが、ライティングスキルの高い人の文章を写経すると、書き方や構成の作り方がわかるようになります。

しかし、検索上位の記事を写経すればいいわけではありません。ドメインパワーによって上位表示されている可能性があり、必ずしも読みやすい文章とは限らないためです。

写経するなら、有名ブロガーやコンテンツ力の高い記事がおすすめです。見当たらない方は、僕の記事を写経してみてください!

7. ブログを執筆する

ブログを実際に執筆すれば勉強になるだけでなく、Webライターとして仕事を受注する際のポートフォリオになり、案件を獲得しやすくなるメリットがあります。

また、有益な記事を書いたら、収益が発生することもあるでしょう!

なお、ブログを書くなら無料ブログではなくWordPressがおすすめです。案件ではWordPress入稿まで依頼されるケースが多いですし、Webライターにとって欠かせないSEOの知識も深まるためです。

WordPressブログがおすすめな理由
  • SEOやライティングの勉強になる
  • WordPress入稿をスムーズに行える
  • クライアントからの印象がよく採用されやすい
  • 単価アップにつながる
  • うまくいけば収益化できる など

WordPressはXserverのクイックスタートを利用すれば、10分で開設が完了します。始め方に関しては「WordPressブログの始め方」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

\ 最短10分で開設完了!/

8/6(火)17時まで最大35%OFFキャンペーン

【独学以外】Webライターの勉強方法4選

  • 添削サービスを利用する
  • コミュニティに所属する
  • スクールに入る
  • 実際に仕事を受けてみる

1. 添削サービスを利用する

Webライターとしてスキルアップする一番の方法は、文章力の高い方に添削をしてもらうことです。

案件でディレクターやクライアントにフィードバックをもらうこともありますが、忙しい人も多く、添削してもらえる機会はそうありません!

そこでおすすめなのが、SNSで募集されている添削企画に応募することです。

Webライターとして実績のあるインフルエンサーのなかには、不定期で添削企画を打っている方も数多くいます。

Webライターの第一線を行く人の添削を受けられる機会は大変貴重なので、逃さないようにしましょう。

また、ココナラを利用してプロの編集者に添削を依頼する手もあります。

大手雑誌の編集者やSEOで結果を出してきた人たちも多くいるため、口コミ・評価を見て信頼のおける人に依頼すれば、文章力を格段に高められるでしょう。

\ 記事添削やデザインをプロに依頼できる! /

※会員登録は無料で行えます

2. コミュニティに所属する

Webライター向けのコミュニティに参加すれば、講義コンテンツや記事添削を受けられる可能性があります。

勉強になることはもちろん、同じ志を持つ仲間と出会えるため、情報交換やモチベーションアップにもつながりますよ。

実際、僕もコミュニティのオフ会に参加して、Webライターの知り合いが増えました!

コミュニティは影響力がある情報発信者が運営していることが多く、SNSの発信を見て信頼できるかどうか見極めてから入会することをおすすめします。

また、たいていの場合月額数千円かかるため、その点も頭に入れておきましょう。

3. スクールに入る

スクールでは、Webライターに必要な知識を網羅的に学べます!

Webライタースクールを選ぶときのポイント
  • 講師の質がよいか
  • 添削を受けられるか
  • わからないところを質問できるか
  • 案件獲得支援サービスがあるか

まとまった費用を払う必要があるので、厳選してスクール選びをしましょう。

どのスクールがいいか迷っている方には、Withマーケ「高単価Webライター養成コース」がおすすめです。

高単価Webライター養成コースは、未経験から3ヶ月で高単価Webライターになるためのカリキュラムが組まれています。基礎的な文章力はもちろん、仕事の取り方や提案文の書き方も教えてもらえるスクールです。

報酬つきの案件保証やプロによる個別相談もあるので、実力を格段に高められますよ!

Withマーケ「高単価ライター養成コース」
高単価ライター養成コースのHP
料金199,800円
(税込219,780円)
質問期間1年間
(回数無制限)
個別対応あり

高単価ライター養成コースの特徴

  • 案件保証があり実力をつけながら稼げる
  • 稼ぐためのロードマップがある
  • 60本以上の動画を永久見放題
  • プロによる4記事の添削を受けられる
  • 案件獲得をサポートしてもらえる など

【夏トクキャンペーン】
7/31まで受講料が15,000円OFF

\ LINE追加で無料個別相談実施中! /

4. 実際に仕事を受けてみる

Webライターの案件には企業のマニュアルが用意されており、守って執筆するとある程度はよい記事が出来上がります。企業によっては推敲・フィードバックしてもらえる可能性もあり、お金をもらいながら効率的にスキルアップできるでしょう。

ただ、すべてのライターにフィードバックしてくれるわけではないので、納品したものとメディアに上がっている記事を比較してみるのがおすすめです!

Webライターとして仕事を受注するなら、クラウドソーシングサイトやSNSの活用が一般的です。クラウドソーシングサイトは、以下の2つを登録しておきましょう。

おすすめのクラウドソーシングサイト

SNSに関しては「#ライター募集」で検索をすると、案件が出てくるはずです。ぜひチェックしてみてくださいね!

仕事の受注方法は「Webライターの仕事の流れ」で解説しています。仕事を受注するのが不安な方は、ぜひ参考にしてみてください!

Webライターが勉強を継続する5つのコツ

  • 目的を決めておく
  • できるだけ毎日やる
  • インプットとアウトプットを両立する
  • 期限を決める
  • 自分に適した方法を実践する

1. 目的を決めておく

何の意識もせずに勉強しても意味がありません。何のスキルを手に入れるのか意識しながら勉強しましょう!

野球にしても、何も考えずに素振りをしても上達速度は遅いですよね。実際の球筋を意識しながら素振りをしてこそ、実践的な力が身につくはずです。

Webライターも同じであり「セールス力を磨くために写経をする」「記事を上位に表示させるためにSEOを勉強する」など、目的を持って勉強をするようにしてみてくださいね!

2. できるだけ毎日する

1日7時間やってあとの6日は何もしないなら、毎日1時間ずつ勉強したほうが圧倒的にスキルは上達しやすいです。

初心者のうちはとにかく毎日勉強して、慣れることを意識してみてください!

仕事に慣れてきたら勉強する頻度が落ちるかもしれませんが、10分でもよいので学習習慣をつけておくとスキルアップにつながりますよ。

3. インプットとアウトプットを両立する

勉強といえばインプット中心になりがちですが、アウトプットも意識し両立することをおすすめします。インプットだけだと勉強になった気はしますが、実際は頭に入っていないことも考えられます。

比率はインプット3:アウトプット7が目安です。

インプットのしすぎだといつまで経っても実践的なスキルは身につきませんし、アウトプットばかりだとスキルが向上しません。

おすすめは、本やWebサイト、YouTubeなどで学び、WordPressブログで試してみることです!

「こういった文章を書けば上位表示しやすい」「こうやったら入稿作業を効率化できる」など、ブログ運営をとおして学べることは多くあります。

WordPressブログを持っていない方は、ぜひこの機会に開設して、Webライターとしてスケールアップしていきましょう。開設方法は「WordPressブログの始め方」で説明していますので、ぜひ参考にしてみてください!

4. 期限を決める

期限を決めていないと、ダラダラ勉強を継続していつまで経っても実践の場に出ようとしません。いつまでもインプットばかりしていると、知識のみが増えるだけです。

実践を積まない限り、Webライターとしての成長にはつながりません!

なお、Webライターに必要な勉強時間は人によって異なります。50時間ほど学習したら、実際に案件を受けてみるのがおすすめです。

記事を執筆して初めて自分の足りない部分が見えてくるので、毎日インプットを積み重ねましょう。

5. 自分に適した方法を実践する

人によって適した勉強方法は違います!

たとえば、スクールに入ったほうが向いている人もいれば、ひとりで勉強したほうが効率的な人もいます。

自分にどの勉強方法が合っているのかは実践してみないとわからないことも多いため、いろいろ試してみるのがおすすめです。

Webライターが常に勉強する3つのメリット

  • 多くの仕事を受けられる
  • いろいろなジャンルの仕事ができる
  • 単価アップにつながる

1. 多くの仕事を受けられる

毎日コツコツ勉強していれば執筆時間を短縮でき、多くの案件を受けられるようになります。たとえば、2,000文字書くのに2時間かかっていたのが、1時間になれば仕事を2倍こなせますよね。

執筆スピードは自分の努力次第で早められるので、毎日の積み重ねが大切です!

ちなみに、僕も毎日勉強を継続したおかげで、初月は6,000文字書くのに1週間かかっていたのが、いまでは5時間ほどで完成します。

2. いろいろなジャンルの仕事ができる

ライティングスキルは文章を書く基本が身につくので、Web記事以外にもさまざまな媒体での執筆の幅が広がります。

執筆可能な媒体
  • Kindle出版
  • Instagram運用代行
  • YouTubeのブログ化
  • YouTubeの脚本

多くの業界で執筆するほど、多くの知見やスキルが身につきますよ。

3. 単価アップにつながる

専門性や品質の高さは、あなたの価値を上げるポイントです。たとえば、依頼したジャンルの執筆経験が3記事の人と100記事の人では、後者にお願いしたくなりますよね。

自分だけの強みや得意ジャンルを見出せれば、付加価値をつけられるため単価アップしやすいでしょう!

記事の執筆数を重ねていけば、スキルアップにつながるのがWebライターの仕事です。

Webライターの勉強を重ねて単価アップを目指そう

Webライターの勉強は、WebサイトやYouTube、本やブログ運営などさまざまです。独学でできるものもあれば、スクールやコミュニティなど、誰かの力を借りながら勉強していく方法もあります。

人によってマッチしたやり方は異なるため、いろいろ試してみて、自分に適した勉強方法を探していってみてください。

勉強を継続することで、クライアントから実力が評価され単価アップにつながることもあります。

月5万円、10万円、さらにその上も目指せるため、モチベーションを高く持ち継続しましょう!

Withマーケ「高単価ライター養成コース」
高単価ライター養成コースのHP

Withマーケ「高単価ライター養成コース」では、未経験から3ヶ月で月収5万円の高単価ライターを目指せます。

高単価ライター養成コースの特徴

  • 案件保証があり実力をつけながら稼げる
  • 稼ぐためのロードマップがある
  • 60本以上の動画を永久見放題
  • プロによる4記事の添削を受けられる
  • 案件獲得をサポートしてもらえる など

受講者のなかには、2ヶ月半で月収8万円を達成した方や、月収15万円を超えた方もいます。

いまも現場で活躍するプロから徹底したサポートを受けられるため、最短最速で稼げるようになるでしょう。

公式LINE追加後に「無料個別相談」を受けられるため、疑問に感じていることを気軽に質問できます。

まずはお気軽に相談してみてください!

【夏トクキャンペーン】
7/31まで受講料が15,000円OFF

\ LINE追加で無料個別相談実施中! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次