【独学できる】Webライターの勉強方法7選!1年で月収50万円超えの筆者が解説

※アフィリエイト広告を利用しています

「Webライターは独学でもなれるの?」
「稼ぐためにはどんな勉強をすればいいんだろう?」
「勉強をしてWebライターとしてスキルアップしたい!」

Webライターは、クライアントに記事を納品して給料をいただく仕事です。ライティング力はもちろん、構成力やセールス力などさまざまなスキルが必要になります。

Webライターに興味は持っているものの、必要なスキルや勉強方法がわからない方も多いのではないでしょうか。

だいと
だいと

僕も今では月収20万円近く稼ぐWebライターですが、最初は何をしたらよいかわかりませんでした!

この記事では、Webライターが独学で勉強する方法について解説します。

この記事でわかること

  • Webライターの勉強方法
  • 勉強で身につけたいスキル
  • 独学・勉強のコツ
  • 勉強するメリット

Webライターの独学・勉強の方法について理解してスキルアップを目指したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

独学で勉強してもWebライターで稼げる

実は、独学でもコツコツ勉強することで稼げるWebライターになれます。本を読んだりブログを開設したりすれば、実践でも通じるライティング力を手に入れられるでしょう。

とはいえ、スクールに通ったほうが効率的かつ体型的にスキルを習得できます。

だいと
だいと

実際、僕もライティングに特化したオンラインスクールを受講し、ここまで稼げるようになりました!

ただ、スクールに通うにせよ、これからWebライターとして稼いでいくなら勉強方法について理解しておくことは必須です。ぜひこの記事を最後まで読み、レベルアップの術を手に入れましょう。

【独学あり】Webライターの勉強方法7選

1. 本を読む

本を読むと、基礎的な文章の書き方やSEOの知識を学べます。Webライターを目指すなら、仕事を受ける前に数冊、文章力を高める本を読んでおくのがおすすめです。

おすすめの本

  • 新しい文章力の教科書
  • 沈黙のWebライティング
  • 20歳の自分に受けさせたい文章講義

だいと
だいと

苦手な分野がわかってきたら、その分野に特化した本を1冊読むだけで知識を習得できます。1,000〜2,000円程度で済むのでコスパがいい勉強法です!

2. 記事を音読する

読みやすい文章は、音読していて違和感がありません。

音読は文章力の高い人の記事を読むだけですが、言い回しや語彙力が増していくメリットがあります

だいと
だいと

1日1記事音読すると、文章力が格段に向上するでしょう!

僕も毎日2〜3記事音読を繰り返し、ライティングスキルを爆上げしていきました。結果として、Webライターを始めて半年後には月収20万円を達成しました。

3. 記事を写経する

写経といってもお経を唱えるのではなく、文章を書き写すことです。

音読に近いところはありますが、ライティングスキルの高い人の文章を写経すると、書き方や構成の作り方がわかるようになります。

とはいえ、検索上位の記事を写経すればいいわけではありません。ドメインパワーによって上位表示されている可能性があり、必ずしも読みやすい文章とは限らないためです。

だいと
だいと

写経するなら、有名ブロガーやコンテンツ力の高い記事がおすすめ。見当たらない方は、僕の記事を写経してみてください!

4. ブログを執筆する

ブログを実際に執筆すれば勉強になるだけでなく、Webライターとして仕事を受注する際のポートフォリオになり、案件を獲得しやすくなるメリットがあります。

だいと
だいと

また、有益な記事を書いたら、収益が発生することもあるでしょう!

なお、ブログを書くなら無料ブログではなくWordPressがおすすめです。なぜなら、Webライターの案件ではWordPress入稿まで依頼されるケースが多いですし、マーケティング・SEOの知識も深まるからです。

WordPressの始め方に関しては関連記事「【最短10分】WordPressブログの始め方!作業を効率化する初期設定も解説」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【最短10分】WordPressブログの始め方10ステップ!作業を効率化する初期設定も解説

続きを見る

5. 添削サービスを利用する

Webライターとしてスキルアップする一番の方法は、文章力の高い方に添削をしてもらうことです。

だいと
だいと

案件の中でディレクターやクライアントにフィードバックをもらうこともありますが、忙しい人も多く、添削してもらえる機会はそうありません!

そこでおすすめなのが、SNSで募集されている添削企画に応募することです。

Webライターとして実績のあるインフルエンサーの中には、不定期で添削企画を打っている方も数多くいます。

Webライターの第一線を行く人の添削を受けられる機会は大変貴重なので、この機会を逃さないようにしましょう。

6. スクールに入る

スクールでは、Webライターに必要な知識を網羅的に学べます

選ぶときのポイント

  • 講師の質がよいか
  • 添削を受けられるか
  • わからないところを質問できるか
  • 案件獲得支援サービスがあるか

まとまった費用を払う必要があるので、厳選して商品選びをしましょう。

なお、個人的には僕も受講したWriting Hacksがおすすめです。

Writing Hacksでは、Webライターに必要なスキルを最短最速で手に入れられます。基礎的な文章力はもちろん、仕事の取り方や提案文の書き方も教えてもらえるスクールです。

だいと
だいと

僕もWriting Hacksで基礎知識を学び、Webライター2ヶ月目で5万円稼げました!

最短最速でWebライターとして駆け上がりたい方は、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

\稼げるWebライターを目指す!/

Writing Hacksを見てみる

なお、Writing Hacksの詳細については関連記事「【完全版】Writing Hacksの評判・口コミ10選!受講者ライターが徹底解説」で解説しています。ぜひこちらも参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【受講者が暴露】Writing Hacksの評判・口コミ7選【5万円稼ぐロードマップ付き】

続きを見る

7. 実際に仕事を受けてみる

Webライターの案件には企業のマニュアルが用意されており、守って執筆するとある程度はよい記事が出来上がります。企業によっては推敲・FBをしてもらえる可能性もあり、お金をもらいながら効率的にスキルアップできるでしょう。

だいと
だいと

ただ、すべてのライターにFBしてくれるわけではないので、納品したものとメディアに上がっている記事を比較してみるのがおすすめです!

Webライターとして仕事を受注するなら、クラウドソーシングサイトやSNSがおすすめです。クラウドソーシングサイトは、以下の2つを登録しておきましょう。

おすすめのクラウドソーシングサイト

SNSに関しては「#ライター募集」で検索をすると、案件が出てくるはずです。ぜひチェックしてみてくださいね!

Webライターの仕事を受注する流れは、関連記事「【これでバッチリ】Webライターの仕事の流れ10ステップ!案件を受注できない原因も解説」で解説しています。仕事を受注するのが不安な方は、ぜひ参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【これでバッチリ】Webライターの仕事の流れ10ステップ!案件を受注できない原因も解説

続きを見る

【意識しよう】Webライターの勉強で身につけたい3つのスキル

1. わかりやすい文章力

Webライターの基本はライティングであり、わかりにくい文章だとユーザーへ価値を提供できずクライアントを満足させられません

だいと
だいと

たとえば金融系は難しい用語が多く、知識のない方が読むと混乱してしまうでしょう!

難しいジャンルの単語であっても、ユーザーがわかりやすいように噛み砕いて説明できる文章力が求められます。

2. SEOの基礎知識

SEOとは、執筆した記事を検索上位に上げるための施策です。クライアントの目的はメディアの利益を上げることであり、SEOは施策のひとつといえます。

ライティングだけできるライターとSEOの基礎知識があるライターがいれば、後者のほうが貴重であり単価も上がりやすいです。

だいと
だいと

また、SEOの知識があるとディレクターやSEO担当など、上位レイヤーに上がりやすいのも特徴です!

SEOについて学ぶなら、バズ部というWebメディアのSEOカテゴリーを読むのがおすすめSEOについて網羅的に解説されており、有名ブロガー・ライターも推しています。

なお、SEOはインプットするだけでなくアウトプットすることで知識が定着します。WordPressブログを開設すればSEO施策を試せますし、知識量をアピールできるでしょう。

Webライターのポートフォリオにもなるので、今すぐ始めましょう。

始め方は関連記事「【最短10分】WordPressブログの始め方10ステップ!作業を効率化する初期設定も解説」で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【最短10分】WordPressブログの始め方10ステップ!作業を効率化する初期設定も解説

続きを見る

3. リサーチ力

記事を書くためには情報が必要ですが、Web上のすべての情報が正しいとは限りません。そのためリサーチでは、必要な情報だけを厳選する力が必要です。

リサーチで選ぶべき情報

  • 信ぴょう性の高いサイトが発する情報
  • 読者の検索意図にあった情報
  • 1次情報(体験談やアンケート)

上位記事だけではなく、専門誌やYouTubeなどさまざまな媒体を使ってリサーチするのがおすすめです。

また、読者の思考を常に考えることで、的外れな情報を盛り込むことがなくなります。

だいと
だいと

執筆前のリサーチが記事の品質を決めるといっても過言ではないため、スキル向上を目指しましょう!

【挫折を防ぐ】Webライターが勉強する際の5つのコツ

1. 目的を決めておく

だいと
だいと

何の意識もせずに勉強をしても意味がありません。何のスキルを手に入れるのか意識しながら勉強しましょう!

野球にしても、何も考えずに素振りをしても上達速度は遅いですよね。実際の球筋を意識しながら素振りをすると、実践的な力が身につくでしょう。

Webライターも同じであり「セールス力を磨くために写経をする」「記事を上位に表示させるためにSEOを勉強する」など、目的を持って勉強をするようにしてくださいね!

2. できるだけ毎日する

1日7時間やって後の6日は何もしないなら、毎日1時間ずつ勉強したほうが圧倒的にスキルは上達しやすいです。

だいと
だいと

初心者のうちはとにかく毎日勉強して、慣れることを意識してみてください!

3. インプットとアウトプットを両立する

比率はインプット3・アウトプット7が目安です。

インプットのしすぎだといつまで経っても実践的なスキルは身につきませんし、アウトプットばかりだとスキルが向上しません。

だいと
だいと

僕もWebライターとして仕事をしつつ、ブログ運営や読書をしています。インプットとアウトプットを両立すると、スキルアップにつながりやすいですよ!

4. 期限を決める

期限を決めていないと、ダラダラ勉強を継続していつまで経っても実践の場に出ようとしません。いつまでもインプットばかりしていると、知識のみが増えるだけです。

だいと
だいと

実践を積まない限り、Webライターとしての成長にはつながりません!

なお、Webライターに必要な勉強時間は人によって異なります。50時間ほど学習したら、実際に案件を受けてみるのがおすすめです。

記事を執筆して初めて自分の足りない部分が見えてくるので、毎日インプットを積み重ねましょう。

5. 自分に適した方法を実践する

だいと
だいと

人によって適した勉強方法は違います!

たとえば、スクールに入ったほうが向いている人もいれば、1人で勉強したほうが効率的な人もいます。

自分にどの勉強方法が合っているのかは実践してみないとわからないことも多いため、いろいろ試してみるのがおすすめです。

Webライターが常に勉強する3つのメリット

1. 多くの仕事を受けられる

毎日コツコツ勉強していれば執筆時間を短縮でき、多くの案件を受けられるようになります。2,000文字書くのに2時間かかっていたのが、1時間になれば仕事を2倍こなせますよ。

だいと
だいと

執筆スピードは自分の努力次第でスキルアップできるので、毎日の積み重ねが大切です!

ちなみに、僕も毎日勉強を継続したおかげで、初月は6,000文字書くのに1週間かかっていたのが、今では5時間ほどで完成します。

2. いろいろなジャンルの仕事ができる

ライティングスキルは文章を書く基本が身につくので、Web記事以外にもさまざまな媒体での執筆の幅が広がります。

執筆可能な媒体

  • Kindle出版
  • Instagram運用代行
  • YouTubeのブログ化
  • YouTubeの脚本

多くの業界で執筆するほど、多くの知見やスキルが身につきますよ。

3. 単価アップにつながる

専門性や品質の高さは、あなたの価値を上げるポイントになります。たとえば、依頼したジャンルの執筆経験が3記事の人と100記事の人では、後者にお願いしたくなりますよね。

だいと
だいと

自分だけの強みや得意ジャンルを見出せれば、付加価値をつけられるため単価アップしやすいです!

記事の執筆数を重ねていけば、スキルアップにつながるのがWebライターの仕事です。

最短最速でWebライターで稼ぐスキルを網羅的に学べる『Writing Hacks』

Writing Hacksは、Webライターとして稼いでいきたい方に向けて作られたライティング教材です。

Writing Hacksの特徴

  • 合計114本の動画と無制限の質問サポート
  • プロのディレクターから3回の記事添削
  • 優秀な方は編集プロダクション「沖プロ」から仕事を受注可能

講師はブロガーとして数千万円以上を稼いできた沖ケイタさんに加え、ディレクターとして月100万円以上稼いでいる原千明さんやワカジツさんがおり、基礎から案件獲得方法までのスキルを習得できます。

「これからWebライターとしてスタートを切りたい」「月10万円以上稼いでいきたい」と考えている方は、ぜひ受講を検討してみてください!

\稼げるWebライターを目指す!/

Writing Hacksを見てみる

  • この記事を書いた人

運営者

「ライティング未経験でもできる」Webライターで月10万円稼ぐ方法を発信|就職したくない⇒プログラミングに挑戦するも挫折⇒時給300円Webライター⇒最高月収78万円フリーランスWebディレクター|上場企業のメディアでディレクションを担当|Webライター向けのメディア『DaitoBlog』を運営|フリーランス大学生

-始め方