Webライターが月5万稼ぐ10ステップ!必要なスキルや心がけるポイントを紹介

Webライターで月5万円稼ぐのは難しい?
自分でも稼げるかな?
月5万稼ぐ具体的な方法を知りたい!

Webライターを始めたものの、なかなか稼げないと悩んでいる方は多いです。参入障壁は低いですが、その分ライバルが多く案件をもらえないのが大きな理由のひとつでしょう。

しかし、Webライターは誰であっても月5万円であれば稼げる仕事です!

実際に僕は、業務を開始して2ヶ月目には6万円稼ぐことに成功しました。この記事では、僕の実体験も含めてWebライターが月に5万円稼ぐ方法を解説します。

この記事でわかること
  • 月に5万円稼ぐ難易度
  • ロードマップ
  • 必要なスキル
  • 意識したいポイント

月5万円稼げれば、10万円、20万円と収入を伸ばすことも可能です。Webライターとして大成したい方は、ぜひ参考にしてみてください!

執筆者情報

\ 稼げるWebライターを目指す! /

目次

Webライターで月5万円稼ぐ難易度は高くない

結論から言うと、Webライターが月に5万円稼ぐ難易度は高くありません。収入が低迷しているのは、スキルがない、もしくは正しい行動をとっていないためです。

実際に僕は、Webライターを始めた2ヶ月目に6万円の収益を得ています!

要素を分解してみると、難易度の低さがわかるはずです。たとえば、文字単価1円で5,000文字の案件に取り組む場合、10記事書けばそれで5万円稼げます。

また、スキルが高まれば文字単価は1.5円、2円とだんだん上がっていきます。僕は基本的に文字単価2円以上で執筆しているので、5本書いたらそれだけで5万円を突破しますね。

ハードルが高いように思えるかもしれませんが、実際はそこまで障壁が高くないので、まずはライティングスキルを高めることを意識しましょう。

【10ステップ】Webライターが月5万円稼ぐためのロードマップ

  • 環境を整える
  • 基礎知識をつける
  • ブログで10記事練習する
  • ポートフォリオを作る
  • クラウドソーシングサイトへ登録する
  • プロフィールを整える
  • 気になる案件に応募する
  • 記事を執筆する
  • ポートフォリオを更新する
  • 単価の高い案件に応募する

1. 環境を整える

必要な道具
  • パソコン
  • インターネット環境
  • 文書作成ツール

記事執筆はスマホでもできますが、長文を書く際に不便だったり画面の切り替えができなかったりするので、作業効率が悪いです。

パソコンといっても、駆け出しWebライターに高性能な商品は必要ないので、Amazonや楽天で3〜5万円で購入可能なパソコンを用意しましょう。

収入が安定してきたら、MacBookやハイスペックなパソコンの購入を検討してみてください。

2. 基礎知識をつける

いきなり案件を受注するのは難しいので、まずは以下を参考に自分に合った方法で基礎的なスキルを磨きましょう。

学習方法
  • スクール
  • Webメディア

おすすめは、以下の2冊を読むことです。

基本的な内容は網羅されていますし、Webライターとしてある程度スキルが身についてからも勉強になることが多いです!

また、僕も卒業したWriting Hacksであれば、最速最短でWebライターに必要なスキルを網羅的に身につけられます。本と違ってスキルだけではなく、案件の獲得方法や提案文の書き方も学べます。

卒業生で活躍している方は多いので、Webライターで稼いでいきたい方はぜひ受講を検討してみてください!

\ 稼げるWebライターを目指す! /

3. ブログで10記事練習する

基礎知識を身につけても、実際に書かないと上達しませんし執筆にも慣れません。ブログで10記事ほど練習すると、読みやすい文章やリサーチの方法が自然と身についてきます。

ブログを始めるなら、WordPressブログでサクッと開設しましょう!

WordPressブログがおすすめの理由
  • WordPressブログの操作スキルが身につく
  • SEOの知識が身につく
  • 収益化を目指せる

Webライターは案件でWordPressに直接入稿するケースが多いので、自分のブログを持っておくとスムーズに仕事ができます。

4. ポートフォリオを作る

ポートフォリオとは、自分の過去の実績や文章スキルをまとめた作品集です!

クライアントは、ポートフォリオを見て仕事を依頼するか判断します。やりたい仕事を逃さないためにも、必ず作成しましょう。

ポートフォリオにはWordPressブログを使用し、以下の項目を記入します。

記載する内容
  • 実績
  • 稼働時間
  • 資格
  • 執筆ジャンル
  • 経歴

自分自身をアピールするものなので、丁寧に作り込んでみてくださいね!

5. クラウドソーシングサイトへ登録する

Webライターの仕事は、クラウドソーシングサイトまたはSNSで獲得するのが一般的です。

クラウドソーシングサイトとは、発注者と受注者のマッチングサイトのようなサービスであり、未経験者向けから上級者向けまで多くの案件が掲載されています!

王道のクラウドソーシングサイト

SNSではTwitterやInstagramをとおして営業していきます。「#ライター募集」と検索すると、さまざまな仕事が見つかりますよ。

6. プロフィールを整える

登録作業が終わったらプロフィールを整え、営業の準備を進めていきます。

プロフィールに入れる項目
  • 実績
  • 経歴
  • 得意ジャンル
  • 保有資格
  • 稼働対応時間

プロフィールもポートフォリオと同様に、クライアントが仕事の依頼を決める判断材料です。作り込んで他のライターと差別化し、発注者の目に留まりやすくしましょう。

7. 気になる案件に応募する

応募したい案件が見つかったら、要件を確認して提案文を送ります。挑戦しようか迷った場合は、飛び込んでみるのがおすすめです。

やらなくて後悔するよりも、やって後悔したほうがこの先の人生にとっても得です!

提案文はテンプレートを送るのではなく、発注者の求めていることを汲み取った文章を作りましょう。

8. 記事を執筆する

執筆する際は、クライアントから渡されるレギュレーションを確認することを徹底しましょう。レギュレーションとはWeb記事を作成するうえでのルールで、クライアントによって異なります。

たとえば、以下のような内容が決められているので、遵守するようにしてください。

レギュレーションの例
  • 語尾の重複は2回まで
  • 画像サイズは800px以下
  • 1文は長くても100文字まで

レギュレーションを守れないライターは多いので、細かい内容も理解しておくと重宝されますよ。

9. ポートフォリオを更新する

ポートフォリオは一度作って終わりではなく、定期的に更新するようにしましょう。記事を書くごとにスキルアップしていくので、それを反映させると採用率が上がります。

注意点として、執筆した記事はポートフォリオに載せていいかクライアントに確認するようにしましょう!

勝手にWeb上にアップすると、信頼を失ったり損害を被らせたりするので避けるべき行為です。

掲載許可をもらえなかった場合は、メディアのURLを載せていいか聞いてみましょう。記事・URLどちらも許可が出なければ、ブログ記事を書きポートフォリオを充実させていってくださいね。

10. 単価の高い案件に応募する

単価の高い案件であれば、効率的に収益を上げることが可能です!

たとえば、文字単価1円であれば5万文字を書かなければ5万円を稼げません。しかし、2円にアップすれば、半分の2.5万文字で月5万円を達成できます。

初心者のうちはなかなか高単価案件に巡り会えませんが、着実にスキルを身につけると収入も比例していきます。

コツコツ継続して、月5万円稼げるようになりましょう!

Webライターが月5万稼ぐために必要な5つのスキル

  • 基礎的なパソコン操作スキル
  • ライティング力
  • SEOの知識
  • 営業力
  • リサーチ力

1. 基礎的なパソコン操作スキル

プログラミングのような難しい操作は不要ですが、文書作成ツールは使えるようになっておきましょう。

Webライターの案件は、Googleドキュメントを使い執筆した記事を納品するケースが多々あります。また、Googleスプレッドシートで進捗管理をするので、理解しておくと案件に参画してからがスムーズです。

タイピングは早いほうが好ましいですが、遅くても問題はありません!

仕事をしていくうちに、次第にスピードアップしていきますよ。

2. ライティング力

Webライターは、ただ記事を書けばいいのではなく「読者に伝わるようにわかりやすい文章」を書かなければいけません。

難しい専門用語は誰でもわかりやすいようかみ砕いて説明をしないと、知識のない読者は読み進められず他の記事を探しにいってしまうからです。

基礎的な文章力を身につけるのであれば、音読がおすすめです!

声に出して記事を読むことで、リズムや文章の型が自然と身につくので、どんどんレベルが上がっていきます。

また、僕も卒業したWriting Hacksであれば、ライティング力を網羅的に学べます。文章力UPの最短ルートである添削も3回受けられるので、興味のある方はぜひ受講を検討してみてください!

\ 稼げるWebライターを目指す! /

3. SEOの知識

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索順位を上位に表示させる施策です。

Webライターに高度なSEOの知識は求められませんが、月5万円を達成するために基本的な内容は理解しておきましょう。

読者の悩みを解決する記事を意識して書けば、自然とSEOに適した記事になります!

最初はとにかく自分にとってベストな記事を書きまくり、ディレクターやクライアントからのフィードバックを反映していけば、SEOに強いライターになれますよ。

4. 営業力

Webライターは仕事が来るのを待っているのではなく、自分からとりにいかなければいけません。

そのため、案件を任せてもらえるようにいかに自分をよく見せるかが重要です!

たとえば、執筆ジャンルに関する知見がある場合、そのことを冒頭で伝えましょう。そうすると「この人は専門知識があるから安心して任せられる」となり、受注できる確率が上がります。

5. リサーチ力

Webライターはキーワードをもらい、必要な情報を検索しながら記事を書くのでリサーチ力が求められます。

検索上位を参考に情報を集めますが、全てが正しいとは限りません。数ある情報のなかから取捨選択して、読者の悩みを解決できる記事を書く必要があります。

執筆の前のリサーチや構成作成が、記事の完成度を決めると言っても過言ではありません!

文章を書く際は、情報収集を意識してみてくださいね。

Webライターが月5万円以上稼ぐために意識したい3つのポイント

  • 納期を厳守する
  • 誤字脱字を減らす
  • 一次返信を心がける

1. 納期を厳守する

クライアントは設定した納期が守られる前提で業務をこなしているので、連絡もなしに遅れるとその先の仕事が滞ってしまいます。万が一遅れそうな場合はすぐに連絡し、いつまでに納品できるか伝えましょう。

初心者ライターは執筆に時間がかかるので、まずは納期に余裕がある案件に応募するのも選択肢のひとつです。

2. 誤字脱字を減らす

発注者は自分たちの負担を減らすために、お金を払ってライターに記事執筆を依頼しています。誤字脱字や基本的なミスを繰り返すとクライアントの時間がなくなっていき、外注している意味がなくなります。

一文字のミスであっても、クライアントからの評価は大きく下がるので注意が必要です!

防ぐためには、書き上げたら確認するようにしましょう。その日ではなく、翌日に声に出して記事を読めば、誤字を発見しやすいのでおすすめです。

とはいえ、人の目で完全にミスをなくすのは困難なので、校正ツールを活用するのも手です。

文賢であればコピペするだけで100以上の観点から文章をチェックし、読みやすい記事に変えてくれます。

利用すれば文章の質が確実に向上して評価も高まり、単価アップも見込めます。文章のレベルを高めたい方は、ぜひ文賢の導入を検討してみてくださいね。

\ 校正ツールで文字単価アップ! /

3. 一次返信を心がける

一次返信とは「その連絡を確認しました」の合図です。一次返信がないと、内容を把握したのか、進捗はどうなっているのかを確認できません。

用事があったり外出していたりして、すぐに返答できない場合は「〇時までに修正します」「〇時以降に折り返しします」と、一次返信を心がけてみてください。

返信が早いとクライアントからの信頼度が高まるので、案件をもらいやすく収入アップにもつながります!

\ 稼げるWebライターを目指す! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次