Webライターのリサーチ方法とコツ10選【短縮する裏技も解説】

Webライターは記事を書く前に、必ずリサーチを行います。リサーチを行わなければ、執筆するために必要な情報が揃わず、文章の質が低下してしまいます。

結果、クライアントからの評価が下がって報酬が停滞したり、最悪の場合、契約を切られたりする恐れもあるのです。

最初は難しく感じると思いますが、コツを掴めば執筆スピードが上がって結果的に時給アップできますよ!

この記事では、Webライターとして毎月安定的に20万円を稼いでいる僕が、Webライターのリサーチ方法とコツ10選、作業時間を短縮する裏技を紹介します。

Webライティングの基礎であるリサーチを学びたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

執筆者情報
Withマーケ「高単価ライター養成コース」
高単価ライター養成コースのHP

Withマーケ「高単価ライター養成コース」では、未経験から3ヶ月で月収5万円の高単価ライターを目指せます。

高単価ライター養成コースの特徴

  • 案件保証があり実力をつけながら稼げる
  • 稼ぐためのロードマップがある
  • 60本以上の動画を永久見放題
  • プロによる4記事の添削を受けられる
  • 案件獲得をサポートしてもらえる など

受講者のなかには、2ヶ月半で月収8万円を達成した方や、月収15万円を超えた方もいます。

いまも現場で活躍するプロから徹底したサポートを受けられるため、最短最速で稼げるようになるでしょう。

公式LINE追加後に「無料個別相談」を受けられるため、疑問に感じていることを気軽に質問できます。

まずはお気軽に相談してみてください!

【夏トクキャンペーン】
7/31まで受講料が15,000円OFF

\ LINE追加で無料個別相談実施中! /

目次

Webライターのリサーチとは?目的や重要性をサクッと解説

Webライターのリサーチとは、執筆するために必要な情報を収集する作業のことです。記事作成の比重は、「リサーチ8割:執筆2割」といわれており、大変重要な作業です。

何もリサーチしない状態で記事を書いた場合、記事を書くために必要な情報が不足しているため、読者は満足できません。

結果、Googleからの評価が低くなって記事の順位が上がらず、クライアントからの評価も下がり継続発注につながらないでしょう…。

つまり、Webライターがリサーチする目的は、質の高い記事を書くことだといえます。とくに、金融や医療など専門性の高いジャンルは、リサーチなくして執筆できません。

また、健康やお金などに関連するジャンルは、誤った情報を読者に伝えると命の危険があります。

正しく有益な情報を届け読者の悩みを解決するためにも、リサーチはWebライターにとって欠かせない業務なのです。

Webライターのリサーチ方法とコツ10選

  • クライアントから情報をもらう
  • メディアの過去記事を参照する
  • Googleの上位記事を確認する
  • 周辺キーワードを調査する
  • Yahoo!知恵袋やSNSを調べる
  • 信頼できるサイトをチェックする
  • 執筆の7割ほどを終わらせる
  • 問い合わせする
  • 書籍や雑誌を調査する
  • 実際に体験する

1. クライアントから情報をもらう

クライアントは数年〜数十年間事業を継続しているため、それまでに豊富な知識や経験が溜まっている可能性があります。

Web上にいる競合が発信していないお宝情報があるかもしれないので、資料を共有してもらえないか確認してみましょう。

僕は、noteやGoogleスライドをクライアントから共有してもらい、独自性のある記事を執筆しています!

クライアントの情報はある程度まとまっていることも多いので、参照させてもらえればリサーチ時間も短縮できます。

相手から共有してくれるケースもありますが、ない場合は確認してみてください。

2. メディアの過去記事を参照する

メディアの過去記事を調査することは、リサーチの基本です。過去の記事を読むことで、トンマナや情報をあわせられます。

たとえば、記事Aでは「XX」と記載していたのに、新しく作成した記事Bでは「YY」と書かれていたら、訪れた読者は混乱してしまいます!

情報統一の観点から見ても、過去記事を参照するのは有効な手段なわけです。

3. Googleの上位記事を確認する

Googleの上位記事を見れば、大抵の情報はリサーチできます。現在上位に表示されている記事がGoogleから高く評価されているので、情報も信頼できる可能性が高いです。

しかし、まれに1位でも間違った情報を提供していることがあるため、すべてを鵜呑みにはしないようにしましょう。

また、上位記事を確認する際は、シークレットウインドウで確認することをおすすめします。

Googleアカウントにログインした状態で検索した場合、アルゴリズムを利用して過去の傾向から検索者にあったサイトが表示されます。

これでは、検索行動パターンによってリサーチ情報に偏りが出てしまい、本当に読者が知りたいニーズとズレてしまう可能性があるのです。

シークレットウインドウにしたうえで、検索結果に表示された10記事の内容に目をとおして、主張していることをメモしていくのがおすすめです!

4. 周辺キーワードを調査する

執筆する対策キーワードのほかにも、周辺キーワードも確認することで効率的なリサーチが可能になります。なかでも、サジェストキーワードや再検索キーワードは必ず目をとおすようにしてください。

サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入力すると、自動表示される検索候補のことです。ここに表示されるキーワードは、ユーザーが抱えている悩みに近しいと判断できます。

サジェストキーワード
サジェストキーワード

再検索キーワードとは、ユーザーが記事に満足できず違う単語で検索をかけたときのワードです。検索結果画面の下部に表示されています。

再検索キーワード
再検索キーワード

すべてのキーワードが重要なわけではありませんが、対策キーワードでは発見できなかった悩みが書かれている可能性があります。

読者の悩みに関連しそうなら、追加でリサーチを行って記事に盛り込みましょう!

5. Yahoo!知恵袋やSNSを調べる

Yahoo!知恵袋やSNSでは、検索結果にない読者のリアルな悩みや知りたい情報が隠されている可能性があります。実際に調べると、具体的でリアルな相談や悩みが書かれていました。

リサーチ段階で多くの情報を集められると、読者ニーズを解決できる可能性が広がります。

他の記事との差別化にもなるので、ぜひ実践してみてください!

なお、「Webライターとして月5万円稼いだ方法」では、僕が月収5万円を突破するために実践した行動や意識していたことを解説しています。

「リサーチを極めて文字単価を高めたい」「将来は5万円、10万円と稼いでいきたい」と考えている方は必見なので、ぜひ参考にしてみてください!

6. 信頼できるサイトをチェックする

発信する内容に誤りがあるとクライアントが大きな損害を被る可能性があるので、参考サイトは信頼できるものを選びましょう!

信頼できるサイトの優先順位
  • 政府・公的機関のサイト
  • 準公的機関のサイト
  • 社会的信頼性が高いサイト
  • 大手企業サイト
  • 個人サイト

まとも検索」というサイトを活用すれば、調べたいキーワードを入力するだけで、公的機関や国内論文が調べられます。

まとも検索
まとも検索

そのほかには、キーワードに「or.jp」「go.jp」を付けて検索すると、信頼性のある情報サイトをチェックできます。

信頼性の高いサイトから情報を集められると、クライアントや読者からも信頼されるWebライターになれるでしょう。

7. 執筆の7割ほどを終わらせる

リサーチ段階で記事に書く内容を7割ほど作り込むと、執筆スピードを圧倒的に速められます。

仮に2割ほどしか進んでいない状況であれば、情報を探しつつ執筆することになるでしょう。そうなると作業効率が落ち、時給換算したときの単価も下がってしまいます。

僕はリサーチ時点で7割ほどの執筆を終わらせ、5,000文字であれば2時間ほどで文章を書き終わります!

一見手間に見えますが、執筆時に楽になるのでリサーチは丁寧に行いましょう。

8. 問い合わせする

疑問点や不明点がある場合は、直接専門家や関係者に問い合わせることが効果的です。電話やメール、SNSなどを活用して、具体的な質問を投げかけることで、リアルな情報を得られるでしょう。

僕は、公式サイトを調べても営業時間がわからなかったので、直接電話して確かめた経験があります!

問い合わせをするとあなたは独自の情報を手に入れられますが、企業からすると貴重な仕事の時間を費やすことになります。そのため、礼儀正しく、具体的かつ簡潔な質問を心がけましょう。

また、回答を得たら感謝の意を伝えることで、今後の関係構築にもつながります。

9. 書籍や雑誌を調査する

書籍や雑誌は、深く掘り下げた情報を提供してくれる重要なソースです。とくに専門書や業界誌は、Web上では得られない詳細な情報や統計データを含んでいることが多いです。

図書館や電子書籍サービスなどを活用して、幅広い情報を収集しましょう!

書籍や雑誌から得た情報は、記事の信頼性を高めるための重要な要素です。引用する際は、正確な情報を提供し、出典を明記することを忘れないようにしましょう。

10. 実際に体験する

自身で実際に体験することは、もっとも信頼性の高い情報源です。

商品レビューやサービスの利用体験を記事にする場合、自ら試してみることで、読者にリアルな感想や具体的な情報を提供できます。

体験を通じて得た情報は、ほかのリサーチ方法では得られない独自の視点を提供できるため、読者にとって有益で信頼性の高い記事を執筆可能です。

たとえば、英会話系のメディアで実際にオンライン英会話を受講した経験を入れられれば、それが独自情報となり得ます!

なお、Withマーケ「高単価Webライター養成コース」では、この記事では紹介しきれないほど有益なリサーチ方法を解説しています。受講して実践していけば、リサーチ時間が大幅に短縮されて時給アップにつながるでしょう。

LINE追加で講座の詳細やリサーチ方法を質問できる「無料個別相談」も実施しているので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

Withマーケ「高単価ライター養成コース」
高単価ライター養成コースのHP
料金199,800円
(税込219,780円)
質問期間1年間
(回数無制限)
個別対応あり

高単価ライター養成コースの特徴

  • 案件保証があり実力をつけながら稼げる
  • 稼ぐためのロードマップがある
  • 60本以上の動画を永久見放題
  • プロによる4記事の添削を受けられる
  • 案件獲得をサポートしてもらえる など

【夏トクキャンペーン】
7/31まで受講料が15,000円OFF

\ LINE追加で無料個別相談実施中! /

Webライターがリサーチ時間を短縮する3つの裏技

  • 専門分野に特化する
  • リサーチした情報はまとめておく
  • リサーチのテンプレを用意しておく

1. 専門分野に特化する

特定の専門分野に特化することで、その分野に関する知識や情報を蓄積でき、リサーチにかかる時間を大幅に短縮できます。

また、知見が深まるため記事の質も向上し、単価アップにつながるでしょう!

リサーチの時間が減り単価が高くなれば、必然的に時給も高くなるため、コスパのよい働き方ができるようになります。

しかし、ニッチなジャンルに特化してもなかなか売上は高まらないので、以下のように収益になりやすく、需要のあるジャンルに特化するのがおすすめです。

おすすめな特化ライターの種類
  • 金融
  • 美容
  • 副業
  • 通信
  • 恋愛

とくに金融はFXの口座開設やクレジットカードなど、単価が高い商材が多いため、Webライターの売上アップにつながりやすいです。

専門的で難しいジャンルですが、丁寧にリサーチすれば金融特化ライターとして文字単価10円も十分に目指せます。

金融特化ライターを目指すのであれば、金融特化ライターマスター講座がおすすめです。

金融特化ライターマスター講座は、月間PV1,000万の金融Webメディア編集長を務めたドルの助さんが講師を務め、ブロガーとして月100万円を稼ぎ続けた沖ケイタさんが監修しています。

30本以上の動画講義や無制限のサポート、オフ会や定期的なライブ配信も実施しているので、金融ライターとして稼ぎ続けるスキルを身につけられるでしょう。

詳細は公式サイトに記載されていますので、ぜひ一度目をとおしてみてください!

金融特化ライターマスター講座
金融特化ライターマスター講座のHP
料金69,800円
(税込76,780円)
講師・監修ドルの助
沖ケイタ
支払い方法・クレジットカード
・銀行振込

文賢の特徴

  • 文字単価4〜5円を目指せる
  • 30本以上の動画コンテンツが見放題
  • 無制限に質問できる
  • 購入のみ参加できる豪華ライブがある
  • オフ会で受講生や講師と交流できる など

\ 最短で文字単価5円以上を目指せる /

2. リサーチした情報はまとめておく

リサーチした情報を一元管理することで、再利用できます。同じ情報を探す必要がなくなるので、効率的な作業が可能になるでしょう。

最初はメモすることに時間が取られますが、1ヶ月、2ヶ月と継続していけば、圧倒的な時間短縮につながります。

僕は、サービスの詳細を一覧でまとめたり、信頼性の高いデータとその概要をメモに記載したりしていました!

しかし、データはときが立つと古くなっていくため、最新の情報かどうかを確認するようにしましょう。

3. リサーチのテンプレを用意しておく

リサーチのテンプレートを作成しておけば、コピーして使いまわせるため作業を効率化できます。テンプレートを活用すればリサーチの抜け漏れも防げ、必要な情報を効率的に収集できます。

また、クライアントやディレクターからフィードバックをもらったり新しい情報を得たりした場合、その都度追記していけば、より高品質な記事を納品できるようになるでしょう。

作成したら終わりではなく、定期的に見直し改善していくことも重要です!

Webライターがリサーチを徹底すれば単価アップが期待できる

Webライターにとってリサーチは、記事を執筆する前に必要な情報収集作業です。リサーチを徹底するかしないかで、記事の質が大きく変わるといっても過言ではありません。

効率的かつ漏れなくリサーチすることで読みやすくわかりやすい文章を書けるようになり、クライアントからの評価も高まります。

徐々に信頼を積み重ねていけば、単価アップも期待できるでしょう!

Withマーケ「高単価ライター養成コース」
高単価ライター養成コースのHP

Withマーケ「高単価ライター養成コース」では、未経験から3ヶ月で月収5万円の高単価ライターを目指せます。

高単価ライター養成コースの特徴

  • 案件保証があり実力をつけながら稼げる
  • 稼ぐためのロードマップがある
  • 60本以上の動画を永久見放題
  • プロによる4記事の添削を受けられる
  • 案件獲得をサポートしてもらえる など

受講者のなかには、2ヶ月半で月収8万円を達成した方や、月収15万円を超えた方もいます。

いまも現場で活躍するプロから徹底したサポートを受けられるため、最短最速で稼げるようになるでしょう。

公式LINE追加後に「無料個別相談」を受けられるため、疑問に感じていることを気軽に質問できます。

まずはお気軽に相談してみてください!

【夏トクキャンペーン】
7/31まで受講料が15,000円OFF

\ LINE追加で無料個別相談実施中! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次