Webライターの仕事を楽しいと感じる10の瞬間!つらい理由や楽しむコツを紹介

Webライターの仕事は楽しいの?
挫折しそうで不安…
楽しいと思えるかな?

Webライターは、気軽に始められる仕事として人気が高まっている職業です。しかし「やめとけ」「つらい」などの意見もあり、なかなか一歩を踏み出せない方もいるのではないでしょうか。

この記事では、毎月20万円以上稼ぐ大学生Webライターの僕が、以下の内容を紹介します!

この記事の内容
  • Webライターは楽しくないと言われる理由
  • 楽しいと感じる瞬間と実際の声
  • 楽しさを感じる人の特徴
  • 楽しむコツ

最後まで読むと、Webライターの実情がわかり不安が解消されるので、ぜひ参考にしてみてください!

執筆者情報

\ 100本以上の動画&無期限サポート /

目次

Webライターは楽しくないと言われる5つの理由

  • 駆け出しのときは単価が低い
  • 執筆に時間がかかってしまう
  • スケジュール管理・自己管理能力が必要になる
  • 仕事が途中でなくなる可能性がある
  • レギュレーションが厳しく自由に書けない

1. 駆け出しのときは単価が低い

Webライター初心者が獲得できる案件は報酬が低いものが多く、数時間かけても数百円しかもらえないことは少なくありません。執筆時間に対する報酬が低いため、モチベーションが上がらない方も多いでしょう。

僕も初案件の時給を換算すると、300円程度だったと思います…!

しかし、Webライティングの知識やスキルが身につき、実績も増えれば少しずつ単価がアップしていきます。

はじめたての頃はきついと感じるかもしれませんが、執筆を重ねて地道に努力することが大切です。

2. 執筆に時間がかかってしまう

Webライターを始めたばかりだと、どうやって執筆すればいいのかわからない方もいるでしょう。そもそも「パソコンに慣れていない」「タイピングが苦手」であれば、さらに時間がかかってしまいます。

時間をかけて記事を執筆したのにもかかわらず、修正箇所が多かったり読者に読まれなかったりすれば、モチベーションが下がってしまうこともあります。

最初は誰でも時間がかかってしまうものです。慣れていけば、徐々にスピードアップしていきますよ!

3. スケジュール管理・自己管理能力が必要になる

Webライターは場所や時間を選ばずに仕事ができますが、ときにはその自由さが仇となることもあります。

たとえば、納期が先だからと案件を後回しにしていると、仕事が溜まってしまい結局慌てて執筆しなければならないといったことに陥りがちです。

フリーランスは、自由に働けると思われがちですが、効率よく仕事をこなすためにもスケジュール管理・自己管理能力が必要になります。

4. 仕事が途中でなくなる場合がある

Webライターは、会社員のように安定していません。記事のクオリティが低かったり、クライアントとなる会社の経営が変わったりすると、仕事が急になくなることもあります。

僕も先方の状況が原因で、継続案件がなくなった経験があります!

継続的にもらっていた仕事でさえ急になくなることがあるため、収入に不安を感じる方も多いでしょう。

5. レギュレーションが厳しく自由に書けない

レギュレーションとは執筆ルールのことで、記事同士の統一性を持たせるために各企業が設定しているものです。

企業によって内容は異なりますが、なかには細かくルールを設けている場合もあります。

「修正だらけの状態で返ってきた」「思うように執筆できない」といったことも多く、だんだんと記事を書くことに対して嫌気が差す方もいるでしょう。

ただし、レギュレーションは記事の品質を保つためにあるものなので、遵守することでライティングスキルが伸びる可能性もあります!

初心者のうちは、しんどいかもしれませんがルールがカチッと決まった案件をこなすのもおすすめです。

Webライターが楽しいと感じる10の瞬間と実際の声

  • 自分の好きな時間や場所で働ける
  • 新しい知識やスキルが身につく
  • 自分の努力が収入に直結する
  • クライアントに喜ばれる
  • 人間関係に悩まされない
  • Web上に記事が残る
  • 書いた記事が上位に表示される
  • いろいろな場面で文章力が活きる
  • 仕事の仲間ができる
  • 役に立つ情報を提供できる

1. 自分の好きな時間や場所で働ける

Webライターは、基本的にパソコンとネット環境が揃っていればできる仕事です。

「早起きが苦手だから昼から仕事しよう」「旅行を楽しみながら執筆しよう」など、自分のライフスタイルに合わせて作業できます。

僕も朝起きるのが苦手なので、11時くらいから仕事をしています!

また業務が早く終われば、空いた時間は自由です。趣味を見つけたり、家事をしたりと時間を有効活用できるでしょう。

2. 新しい知識やスキルが身につく

Webライターをしていると、特定の分野に対して専門家並みの知識を得られることがあります。なぜなら記事を執筆する際に、その分野のことを隅々まで調べるからです。

また特定の分野を継続して続けていれば、その道のプロに出会ったり、新しい仕事を任せてもらえたりすることがあります。自分の可能性をさらに広げつつ、充実した生活が送れるでしょう。

3. 自分の努力が収入に直結する

駆け出しWebライターは単価が低く悩むこともありますが、実力をつければその分収入が増えていきます。

自分の努力がお金として返ってくるため、やりがいを感じる方もいるでしょう!

会社員として働いていれば、歩合制でない限り成果を上げたとしても大きく収入が上がることはありませんよね。Webライターは努力するほど収入も上がっていくので、モチベーションが下がりませんよ。

4. クライアントに喜ばれる

記事を納品した後、クライアントから「読みやすい記事でした」「期待以上でした」のような感想をもらえることがあります。

時間をかけて記事を作成した分、今までの努力が報われる感じがしますよ!

また褒められるのはクオリティの高い記事ができたからであり、自分の自信にもつながります。

5. 人間関係に悩まされない

生活していくうえで、自分の嫌いな人や苦手な人と関わるのは極力避けたいと思うもの。しかし、嫌いな人・苦手な人が自分の上司や大切な顧客であれば、完全に避けることは不可能です。

Webライターであれば、ある程度自分の裁量でクライアントを選べるため、人間関係に悩まされることは少ないです。

スキルがある程度身につけば、嫌な仕事を引き受けなくても生きていくために十分な収入を得られます。

僕も現在は、やり取りしやすいクライアントに仕事を絞っているので、ストレスを感じることはあまりありません。アルバイトをしていたときは毎日憂鬱だったので、今の生活は幸せです!

6. Web上に記事が残る

Web上に自分の記事が残っていくと、今までどれくらい努力したのかが一目瞭然です。

「誰かに読まれている」「役に立っている」と、やりがいに感じる方もいるでしょう!

また案件のなかには、自分の名前を記事に入れられる記名記事があります。記名記事が増えるとライターとしての知名度が上がるだけでなく、企業やメディアから直接仕事を依頼される可能性が高まることもメリットのひとつです。

7. 書いた記事が上位に表示される

Webライターは、Google検索の上位に表示させるために記事を書きます。Webライターだけではなく、さまざまな企業やメディアが検索上位を狙っています。

競合が多いなか、自分の書いた記事が上位に表示されると、喜びと自信につながるでしょう。とくに、ライバルが強い金融系や美容系のジャンルで1位に表示されれば、嬉しさは倍増しますよ。

8. いろいろな場面で文章力が活きる

Webライターでなくとも、日常的に文章を使う場面は数多くあります。

たとえば会社員であれば、上司への報告書やクライアントとのメールのやり取りなど、さまざまな場面で文章を使います。そういった場面で読みにくい文章を書いてしまうと、相手を困らせて時間を奪ってしまうでしょう。

ライティングスキルがあれば、必要な情報をわかりやすい文面で相手に伝えることが可能です。

僕は大学生なので、レポートや履歴書などいろいろな場面でWebライターとして培った文章力を活かしています!

9. 仕事の仲間ができる

Webライターは孤独と思われがちですが、SNSを使ったりオンラインサロンに入ったりすれば、多くの仲間ができます。仲間ができれば仕事の相談ができたり、新しい案件を紹介してくれたりとさまざまなメリットを得られます。

また取材に特化したWebライターであれば、取材先とのつながりもできるため新たな出会いもあるでしょう!

僕もWebライターとしての活動を通してさまざまな方と交流を深めているおかげで、人生に彩りが出たように感じています。

10. 役に立つ情報を提供できる

読者は何かしらの悩みや気になることを知るために、ネットで検索します。そこで自分の作成した記事が読者の求めていたものであれば、一人の不安を解消したことになります。

記事が検索上位に表示されればそれだけ多くの人に見てもらえるので、有益な情報を伝えられますよ。

Webライターの仕事が楽しいと感じる人の3つの特徴

  • 文章を書くことが好き
  • 情報収集が好き
  • 黙々と作業を進められる

1. 文章を書くことが好き

Webライターの仕事は、ほとんど文章を書くことなので、長文が苦手・嫌いな人であれば楽しいと感じられないでしょう。

また、記事は執筆したら終わりではありません!

クオリティの高い記事を作るために修正を繰り返さなければならず、相当なエネルギーが必要です。

文章を書くことが好きな人であれば、何度も書く作業に抵抗なく続けられるので、楽しく感じられるでしょう。

2. 情報収集が好き

Webライターの仕事は、クライアントから依頼されたテーマについて執筆することです。そのテーマについて知識・経験がなければ、自分で調べる必要があります。

ネットに情報がなければ書籍を読んだり、ときには専門家を尋ねてみたりと、さまざまな方法を使ってリサーチしなければなりません!

地道に情報を集めることが得意な人は、Webライターに向いています。

3. 黙々と作業を進められる

執筆以外にも、クライアントとの打ち合わせや取材訪問などをすることもありますが、基本的にはパソコンと向き合うことが多い仕事です。そのため、1日中パソコンの前に座っているという日も少なくありません。

誰とも会わずに仕事をすることに抵抗感がない人であれば、Webライターに向いていると言えます。

Webライターを楽しいと思えるために取りたい5つの行動

  • 仕事の幅を広げる
  • 自分の知識やスキルを活かせる記事にも挑戦する
  • SEOを学ぶ
  • 実績が積み上がるポートフォリオを作成する
  • クライアントと良好な関係を築く

1.仕事の幅を広げる

Webライターは執筆するだけと思われがちですが、以下のように種類は幅広いです。

Webライターの仕事内容
  • インタビュー
  • Kindle編集
  • SNS運用代行

記事執筆以外のスキル・経験を積めば、より希少価値の高いライターとして活動できるでしょう。

しかし、Webライターを始めたばかりの人が、執筆以外のことにも対応しているとかえって効率が悪くなってしまいます。執筆に慣れて時間に余裕が出てきた段階で、新しいことにチャレンジするのがおすすめです。

2. 自分の知識やスキルを活かせる記事に挑戦する

記事にはクレジットカード系や転職系などさまざまなテーマがありますが、まずは自分の知識が活かせる記事に挑戦しましょう。

知見があるジャンルだと実体験を元に執筆ができるので差別化につながりますし、リサーチする時間を短縮できるので時給も上がります!

Webライターを始めたばかりの方は単価が低いため、時間をかけた割に報酬が少ないといった状態になりがちです。

報酬が少ないとモチベーションが下がってしまう可能性もあるので、まずは自分の知識やスキルを活かせるジャンルに挑戦してみましょう。

3. SEOを学ぶ

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のことです。Webライターの仕事の多くはSEOに関連する案件なので、SEOの知識は不可欠です。

SEOの実績を十分積めば、企業から求められるライターになるでしょう。

なお、SEOは幅広いので、一度に全てを理解する必要はありません。まずは以下の本を使って基礎を学習し、ブログや記事でアウトプットしていくのがおすすめです。

知見を深められれば、SEOコンサルやディレクターなど単価の高い職種に就くことも可能です。

4. 実績が積み上がるポートフォリオを作成する

ポートフォリオとは過去に執筆した記事をまとめたもので、企業が自分の文章力を確認するための判断材料となります。

ポートフォリオの記載内容
  • 実績
  • 得意ジャンル
  • 対応可能時間
  • 資格
  • 経歴
  • 問い合わせフォーム

ポートフォリオはWordやGoogleドキュメントでも作れますが、WordPressブログで作るのが一般的です。

WordPressとは、世界でシェア率が最も高いCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)であり、Webライターの案件でも使う機会の多いです。自分でアカウントを作成して活用していれば、プラスαのアピールポイントになるでしょう。

開設自体も難しくなく、Xserverのクイックスタートを使えば、たったの10分で完了します。

\ 最短10分!簡単3ステップ/

XserverでWordPressを開設する手順は以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

5. クライアントと良好な関係を築く

合わないクライアントとやり取りを続けていても、心身ともに疲れてしまうだけです。相手も同じであり、ストレスを感じる相手であれば、契約を終了させることも考えられます。

継続して案件をもらうためには、クライアントから信頼を置かれる必要があります。

信頼を勝ち取る方法
  • 即レスを徹底する
  • レギュレーション違反をしない
  • 一次返信をする

社会人として当たり前のことができるだけで周りと差別化できるので、ぜひ実践してみてくださいね。

\ 100本以上の動画&無期限サポート /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次